ホーム > 上場サポート > 名証IR懇談会 > 活動実績 > 4月6日(水) IRセミナー
上場サポート

4月6日(水) IRセミナー

日時 平成17年4月6日(水)14:00~15:30
会場 名証インフォメーションセンター内 MICホール
演題

「スリッパの法則(ファンドマネジャーから見た伸びる会社・ダメな会社の見分け方)」

~第一線で活躍しておられるファンドマネジャー・藤野英人氏を講師にお招きし、ファンドマネジャーの仕事の内容や役割について分かりやすく解説いただきました。
また、ファンドマネジャーの視点から見た、伸びる会社とダメな会社の見分け方についても具体的事例を交えながら解説していただきました。
ファンドマネジャーが会社の本当の価値を評価するのに、従来は物的資産や金融資産に焦点が当たり、貸借対照表や損益計算書ばかりに注目していたが、今後は、モノ、カネだけではなく、その会社で働く人達といった人的資産や、その会社と取引している顧客資産等にも焦点を当て、これらの組織資産とその価値が企業の成長に大きく影響しているのを知ることが大切であると解説していただきました。
さらに、伸びる会社とダメな会社の見分け方については、ディスクロージャーに対する姿勢、社長、役員・相談役、株主構成の現状や本社ビルの状態等に注目することによって見分けられることをお話いただきました。
例えば、従業員が会社に来るとスリッパに履き替える会社があります。半導体、食品、医療などの研究所のように合理的理由がある場合は別として、仕事の場である会社を私的な自分の家のような心象でとらえていると言えます。このような会社に投資すると、不思議に儲からない(スリッパの法則)といった従来のファンドマネジャーの視点では思いつかないような新たな考え方を紹介していただき、セミナー参加者の方々の関心を強く引いていたようです。

 
講師:藤野 英人 氏
(レオス・キャピタルワークス(株) 代表取締役)