ホーム > 上場サポート > 名証IR懇談会 > 活動実績 > 7月28日(木) IRセミナー
上場サポート

7月28日(木) IRセミナー

日時 平成17年7月28日(木)15:00~16:30
会場 名証インフォメーションセンター内 MICホール
演題

「まちがいだらけのIR」 ~ツールに走りすぎるIR~

ジェイ・ユーラス・アイアール株式会社 代表取締役 岩田宜子氏を講師にお招きし、IRの専門家から見た、「まちがったIR」について解説いただきました。
特にツール作り中心のIR活動の問題として、IR活動は、結果的にはツールに落とし込むものの、

  1. 企業都合の「ひとりよがり」のメッセージが多くなる。→そのツールの対象は誰なのか、そのためにどのようなメッセージが必要であるかがよく検討されていない。
  2. IR・情報開示体制が整っていないのに、(ある意味で)優秀なIRチームがすばらしい戦略や方針をアニュアルレポートなどに書き上げてしまう。→IR担当者が社内で浮いてしまう。不祥事発覚の際、結局対応ができない。
  3. アナリストの要望・期待に沿って情報開示していったが、社内で大きな反発が起こる。→戦略のない情報開示が、結果的に誤った情報を発信することとなり、企業経営の方向を左右しかねない。

というような問題点が指摘され、ツール作りがIRの目的ではないということが語られました。

IRの専門家から見た、IRの本当の目的とは、

  1. 短期的で業績に見合わない株価上昇が目的ではなく、企業の実態を反映した適切な株価形成が目的となる。
  2. 株式市場で自社の認知度を高め、誤解や過度の期待が生じないようにすること。
  3. 市場(世間)で、尊敬(信頼)される銘柄になること→短期的投機投資家が好まない銘柄になる。

といった基本的な考え方を紹介していただき、セミナー参加者の方々も熱心に耳を傾けていました。

  
講師:岩田 宜子 氏
(ジェイ・ユーラス・アイアール(株) 代表取締役)