ホーム > 上場サポート > 事前公表型自己株式取得のご提案
上場サポート

事前公表型自己株式取得のご提案

事前公表型の自己株式取得とは

事前公表型の自己株式取得とは、大株主等からの売却が予定されている場合に、買付日の前日にあらかじめ具体的な買付内容を公表したうえで、買付けを執行するものであり、インサイダー取引規制等の問題を回避し、大株主等からまとまった数量の買付けを行うことが可能です。

  1. 終値取引(N-NET2)
  2. 自己株式立会外買付取引(N-NET3)
      ※「N-NET2」は東証「ToSTNeT-2」、「N-NET3」は東証「ToSTNeT-3」に相当します。

制度概要

項目N-NET2N-NET3
買付数量 最低買付数量の規定はありません 最低買付数量の規定はありません
注文受付時間 午前8時20分~9時00分 午前8時20分~8時45分
約定成立時間 注文対当の都度成立 午前8時45分
買付価格 買付日の前日の最終値段(最終気配値段を含む。)
※重複銘柄については、最も流動性の高い市場の最終値段を買付価格として設定できます。
買付日の前日の最終値段(最終気配値段を含む。)
※重複銘柄については、最も流動性の高い市場の最終値段を買付価格として設定できます。
売買方法 時間優先による付け合わせ
※時間優先の付け合わせのため、他の売付注文や買付注文の発注により、予定どおりの売買ができない場合があります。
発行会社の買付注文に売付注文を対当させることにより、売買を成立させます。
ただし、売付数量が買付予定数量を上回った場合、委託売付注文を優先し、立会外分売と同様の方式により配分します。
決済 買付日から4日目の日 買付日から4日目の日

>>N-NET市場の詳細はこちら

名証における事前公表型の自己株式取得の特徴・メリット

それぞれの方法の主なメリットは以下のとおりです。

  1. N-NET2を利用した買付け
    時間優先による付け合せが可能です。
  2. N-NET3を利用した買付け
    • 自己株式取得のための専門の取引です。
    • 買付注文は当該買付会社からのみとなります。
      ※他の買付注文が入ることはありません。
    • 信用取引を利用した空売りができませんので、予想外の売付注文が入りにくくなります。

なお、N-NET2又はN-NET3のどちらを利用する場合も

  • 売買執行コストが、東証でのコストの約3分の1となります。
    ※「売買執行コスト」とは、証券会社が取引所に支払う手数料をいい、売買執行コストが安価となることにより、発行会社が証券会社に支払うコストの低減が可能となります
  • 重複銘柄については、最も流動性の高い市場の最終値段を買付価格として設定できます。
  • 当該売買は、IRポイント割引制度の対象となります。
    ※IRポイント割引制度とは、名証のIR支援イベント参加料を割引する制度です。各IR支援イベントにつき、最高参加料の50%まで割引いたします。

>>詳細は、「IRポイント割引制度」参照。

ご提案資料

上場会社向けご提案資料
証券会社向けご提案資料

適時開示資料の様式例

適時開示資料の様式例ファイル
自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法156条)
自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法第165条第2項(定款の定めに基づく取得))
自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法第459条第1項(定款の定めに基づく取得))
自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法第163条(子会社からの取得))
終値取引(N-NET2)による自己株式の買付けに関するお知らせ
自己株式の取得及び終値取引(N-NET2)による買付けに関するお知らせ
終値取引(N-NET2)による自己株式の取得結果に関するお知らせ
「自己株式立会外買付取引」(N-NET3)による自己株式の買付けに関するお知らせ
自己株式の取得及び「自己株式立会外買付取引」(N-NET3)による買付けに関するお知らせ
「自己株式立会外買付取引」(N-NET3)による自己株式の取得結果に関するお知らせ

お問合せ

詳細につきましては、別途お問い合わせください。

株式会社名古屋証券取引所 営業推進グループ
TEL:052-262-3175