ホーム > 売買・上場制度 > 売買立会による売買 > 制限値幅の拡大に係る運用
売買・上場制度

制限値幅の拡大に係る運用

名古屋証券取引所では、3営業日連続でストップ高(安)となった銘柄について、以下の制限値幅拡大の条件に該当した場合、投資家の皆様の売買機会を毀損させることのないよう需給の合致点へ早期に到達させるため、翌営業日から制限値幅の拡大(ストップ高の場合には上限のみを、ストップ安の場合には下限のみを通常の制限値幅の2倍に拡大)を行うこととしています。

拡大の条件

3営業日連続で次のいずれかに該当した場合、その翌営業日から制限値幅を拡大
(1)ストップ高(安)となり、かつ、ストップ配分も行われず売買高が0株
(2)売買高が0株のまま午後立会を迎え、午後立会終了時に限りストップ高(安)で売買が成立し、かつ、ストップ高(安)に買(売)呼値の残数あり

拡大解除条件

拡大した側の制限値段以外の値段で売買が成立した場合

<注意事項>
複数の取引所に上場している銘柄(重複上場銘柄)については、売買高等が多い取引所を基準として制限値幅の拡大の可否を判断し、すべての取引所で同様の拡大対応を行います。
なお、当該制限値幅の拡大により、前日と比較して大幅に離れた値段で売買が成立することがある、成行注文で発注した場合には思わぬ値段で売買が成立することがあるなど、株価が大幅に変動する場合がありますのでご注意ください。