ホーム > 上場サポート > 名証IR懇談会
上場サポート

名証IR懇談会

IR(投資家向け広報)活動の基本は、投資家や証券市場との信頼関係を構築することを目的に、 企業の情報を適時、公平、継続的に開示(ディスクロージャー)することです。 企業のIR活動は、決算、業績、ファイナンス等のディスクローズ、経営データの適時開示としてのIRを基本前提にしつつ、 最近では企業の膨大な経営データや数値からデータを取捨選択し、 加工をし、投資家に企業を理解してもらうためのメッセージ発信、 企業価値を創造するIRへと変容しつつあります。まさに、現在のIR活動は企業の会計、財務、法務、 広報部門が結合、連携して行われる全社的、戦略的なマーケティング活動と言えます。 このような企業のIR活動を取り巻く環境の変化の中で、多くの企業は、投資家や証券市場に 「いつ、何を、どのように発信するべきか」について試行錯誤を繰り返しているのが現状なのではないでしょうか。 そこで、名証は変わりゆく企業のIR情報発信の役割、その重要性の高まりに対応するため、 名証上場企業のIR支援活動の1つとして、企業のIR実務担当者がIR活動の調査、 研究、学習、情報交換をする「IR懇談会」を設立し、企業のIR活動の更なる質の向上をサポートしていきます。