名証について

会社沿革

名古屋株式取引所の創設と発展期

1886年(明治19年) 3月 名古屋株式取引所(初期)の設立(名古屋市中区錦2-5、6付近)
  7月 営業開始(売買物件:公債及び株式)
1889年(明治22年) 12月 初期の名古屋株式取引所の解散
1893年(明治26年) 12月 株式会社名古屋株式取引所の設立
1894年(明治27年) 2月 売買立会開始(公債・株式)
1931年(昭和 6年) 12月 名古屋市中区栄3-3-17に移転
1943年(昭和18年) 6月 日本証券取引所(日証)の設立名古屋支所となる
1947年(昭和22年) 4月 日本証券取引所の解散

名古屋証券取引所の設立から現在まで

1949年(昭和24年) 4月 証券取引法による名古屋証券取引所の設立
  5月 売買立会開始
1961年(昭和36年) 10月 株式市場第二部開設
  11月 債券市場開設
1971年(昭和46年) 2月 転換社債券(現 転換社債型新株予約権付社債券)の売買取引開始
1973年(昭和48年) 1月 国債証券・政府保証債券の売買取引開始
1985年(昭和60年) 11月 特例銘柄制度の実施(市場第一部銘柄のうち売買高上位70銘柄を特例銘柄と定め、売買立会時間を10分延長し、午後3時10分(半日立会は午前11時10分)までとした。)
1994年(平成 6年) 5月 売買システムの稼動(株式のうち単独上場112銘柄の取引をコンピュータシステムに移行)
  9月 名証IRエキスポの開催(名証上場企業と投資家を結ぶ名証独自のイベントとして、以後毎年開催)
1995年(平成 7年) 1月 市場第二部特別指定銘柄制度の創設
1996年(平成 8年) 1月 市場第二部特別指定銘柄の市場第二部への統合
市場第二部特則銘柄制度の創設
1997年(平成 9年) 9月 特例銘柄制度の廃止、売買立会時間の延長(株式の全銘柄の後場立会終了時間を午後3時15分(半日立会は午前11時15分)とした。)
  12月 立会外売買取引制度の創設
1998年(平成10年) 9月 新電子売買取引システム「N-NET」の導入
  12月 自己株式の立会外買付制度の新設
特定正会員制度の創設
1999年(平成11年) 9月 相対交渉市場の創設
  10月 新興企業向け市場「セントレックス」の創設
2000年(平成12年) 9月 新売買システム稼動 (株式・転換社債の全銘柄の取引をコンピュータシステムに移行)
2001年(平成13年) 5月 名証インフォメーションセンター(MIC)オープン
2002年(平成14年) 4月 証券会員制法人から株式会社へ組織変更
2003年(平成15年) 2月 名証IR懇談会の発足
  12月 IPO取引参加者制度の創設
2005年(平成17年) 6月 外国会社向け上場制度の創設
2007年(平成19年) 5月 新システム稼動(売買システムは東京証券取引所に委託)
  9月 名古屋市中区栄3-8-20に移転