ホーム > 名証からのニュース > 2012年 > 監理銘柄(確認中)の指定について<(株)サークルKサンクス>

監理銘柄(確認中)の指定について<(株)サークルKサンクス>

2012年02月16日

下記のとおり、監理銘柄(確認中)に指定することとしましたので御通知します。

1.銘柄 (株)サークルKサンクス 株式(コード3337 市場第一部)
2.監理銘柄指定期間 平成24年2月16日から当取引所が株券上場廃止基準に該当するかどうかを認定した日まで
3.監理銘柄指定理由 株券上場廃止基準の取扱い5(1)u(上場会社が株券上場廃止基準の取扱い1(15)bに規定する株式の全部の取得を行う旨の発表等を行ったとき)に該当するため

(注)(株)サークルKサンクス(以下「同社」という。)は、本日開催の取締役会において、ユニー(株)(市場第一部)が実施する同社株式の公開買付けについて、賛同の意を表明することを決議しました。
同社は、公開買付者による公開買付けが成立した後の臨時株主総会において、(1)同社を会社法の規定する種類株式発行会社に変更すること、(2)同社の発行する全ての普通株式に全部取得条項を付すこと、及び(3)同社の当該株式の全部取得と引換えに別個の種類の同社株式を交付すること(結果として金銭交付となる予定)を付議する予定である旨を公表しています。また、同社は上場株式の取得と引換えに交付する株式の上場申請は行わない予定です。
同社の臨時株主総会において、上記(1)から(3)までの議案が承認可決された場合には、株券上場廃止基準第2条第1項第18号(全部取得)に該当し上場廃止となることから、当取引所は、同社の当該公表をもって、同社株式が上場廃止となるおそれがあると認め、監理銘柄(確認中)に指定します。

>>現在の整理・監理・猶予期間入り銘柄