ホーム > 名証からのニュース > 2020年 > 新型コロナウイルス感染症に関するリスク情報の早期開示のお願い

新型コロナウイルス感染症に関するリスク情報の早期開示のお願い

2020年03月18日

 当取引所では、このたび、以下のとおり、新型コロナウイルス感染症に関するリスク情報の早期開示のお願いについて上場会社宛に通知いたしましたので、お知らせいたします。

 今般の新型コロナウイルス感染症の流行拡大は、世界的な規模で経済活動に影響を及ぼしており、多くの企業において、事業運営上の重要なリスクとしてご認識されていることと存じます。
 他方、内外の株主・投資者は、新型コロナウイルス感染症が上場会社の業績や事業運営等に与える影響について注視しており、上場会社からの積極的かつ充実した情報提供が期待されております。
 未だ流行拡大が続いており、先行きの見通しが難しい状況であるとは存じますが、上場会社の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症に関するリスク情報について、有価証券報告書等の提出に先立ち、決算短信・四半期決算短信の添付資料等においても記載するなど、株主・投資者に対する適時、適切な開示にご配慮賜りますようお願い申し上げます。
 なお、新型コロナウイルス感染症の影響に関する情報開示につき、ご不明な点等がございましたら、ご遠慮なく、当取引所(自主規制グループ(上場監理担当))までお問い合わせください。