ホーム > 売買・上場制度 > 発行日取引
売買・上場制度

発行日取引

発行日取引は、株券の発行者が株主割当により新たに発行する株券について、当該新株券が発行されるまでの間に、発行されていない新株券を売買することで、価格変動のリスクを回避するために行われます。

原則として、発行されていない新株券が権利落として定める期日から保管振替機構において新株券に係る新規記録が行われる日の3日前の日まで行い、当該売買最終日から起算して4日目の日に一括して決済を行います。